2007年11月19日

ドアラ可愛いよドアラ

うぁぁー。
久しぶりに強烈な動画きちゃったよ。
鬼無双なみのインパクトもらっちゃったよ。





生粋のカープがんばレストの私だが、ドアラだけは応援することに確定。
1分3秒からの蝶・ミ・ナ・ギ・ル・ドアラは要チェックや!
posted by ゆーすけ at 14:56| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月10日

パームスプリングス




アメリカンライフな日々。

パームスプリングスへ行った折の写真を
うpしてみる。

パームスプリングス

ここがパームスプリングス。
いちおう公園ではあるのだが、はじっこからはじっこまで
クルマでゆうに3〜4時間はかかるので、なんとも
雄大な公園である。


一面が岩山と砂、そして木々とサボテン。
映画の風景にあるような西部の一場面が、ここに
切り取られてある。



標高1,700フィートの山々。
その一角にのぼり、空に手を伸ばしてみる。
・・とどかない。
空はまだまだ遠い。

澄み渡る景色。
さすが1,700フィートもの景色である。
・・しかし、ここまで辿り着くのに2時間。
『空は遠い』のだ。

パームとサボテン

途中、ひっそりと、しかし毅然とたたずむ
サボテンを発見。

北島サボ郎と名づけてみる。
ニッポンから逢いに来たぞ、サボ郎。

エラソーに話しかけてみたが、たぶん
コイツは私より年上なんだろう。
お初にお目にかかります、サボ郎兄さん。

そんなこんなで戯れていると、あっと
いう間に日が暮れる。

パームの夕日

アメリカは日が長いイメージだが、いったん
沈みはじめると早い早い。

山の上で日が暮れてしまえば、かなり危ないので
駆け足でフモトまで降りる。


あぁ、しまった。


やっぱり、あのまま日が暮れてしまっていれば
満点の星空が眺められたのかもしれん。
ちぇ。


また、サボ郎に逢いにきたとき、星も楽しむ
としよう。うん。待っちょれよサボ郎。
posted by ゆーすけ at 21:54| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月17日

喉が渇けば水を飲み 心が渇けばお茶を喫む

私は、わりとアタマを使う仕事をしている。
そして、決定的な特徴は『孤独』。
部下も上司も持たず、自分ひとりでひとつの仕事を進めていく。
売文家の末席を汚すというのは、そういうものらしい。

そうして毎秒溜まっていくストレスの解消法として、日に
2杯のコーヒーを淹れる事にしている。

淹れたてのコーヒーから薫ってくるミストには、ストレスを
やわらかく解すアロマ効果がある、といわれている。

ただし、豆から挽いたコーヒーの、それも一回目に淹れた
カップから漂ってくる一番最初の部分にだけ、含まれているらしい。
時間にすれば0.5秒くらいの勝負である。

なので、私は毎度ドリップの上に顔を寄せて、せ〜の!で
アロマを楽しんでいる。
いくぶんか、それでココロが和らいでいく気がするから。

ただし、コーヒーはそれなりの刺激物でもあるので、
1日2杯までを心がけているワケである。



・・しかし、昨日、今日と起こっているココロの渇きたるや
尋常じゃぁない。
ブチ当てようにも、がらぁんとした事務所には私と眼前の
ディスプレイから吐き出される文字列しか存在しない。

頼みの綱であるコーヒーのアロマも、既に今日の分のカードを
使い切ってしまった。



喉が渇けば水を飲み
心が渇けばお茶を喫む




茶道における名調子である。
フっと、この名調子が頭をよぎった。


そうだ、お茶という手がある。


私は事務所から近所にある、中国茶ショップに
繰り出した。
中国茶の中でも、私が特に大好きな茉莉花茶
(ジャスミン茶)を購入。

花弁が糸で括られた形の茶葉になっていて、
お湯をそそぐとフンワリと花弁が開き、茉莉花茶が
楽しめるという趣向だ。


いくぶんか、ココロが潤った。

砂漠に水を撒く行為だって、決して不毛でもないな。
水を撒こうという意思が私の脳髄に残っていたので、
それだけで少し安心した。
posted by ゆーすけ at 00:59| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月06日

美しい

ステータス。

それは、とてもくだらなくて、とても大事で。

みんな、

いや“たぶん”みんな、ステータスを大事にしている。



海外に5年ほど住んでてさ。
あの監督の映画はいまいちでさ。
痩せてなんかないよ。もっと痩せたいよ。
あの先生の指揮の下で勉強したんだ。
国体に出たことあるねんけど。
あの有名人の子、抱いたことあるぜ。
あのコンテスト、入賞したことある。
お金はあるよ、お金は。
これくらいの酒は匂いかいだようなもんさ。



ステータス。
ヒトは、他人との差別化を見つけることで、
自分は存在していいんだ、という証を見つけたい。


なんたる美しさ。
黒光りするほど眩い、性悪説の塊を垣間見る瞬間。
いや、荀子の言う性悪説の“悪”は、今で言う
生理的に近い欲望のことで、醜さという意味では
ないんだ。
じゃあ、性醜説ということなのか。そうなのかね。


悪とか醜いとか、このコトバを発するだけで
クチが腐りそうだ。やめよう。
もう半分近くも腐ってきてるのに。


かくいう自分も、ステータスに雁字搦めにされて
身動きひとつ取れなくなってしまった。
前に進んでるつもりが、ステータスの綱から綱に
飛び移っている危うい曲芸師でしかなかった模様。
足元はぶ〜らぶらのまま。

怖くてアシをバタつかせるのは無様だからやめよう。
これがステータスのひとつ、『無様だからやめよう』だ。


あぁ、まぶしい。まぶしいな・・・
眼を瞑るのは許されるのかね。


許して欲しいのかね。
posted by ゆーすけ at 21:43| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月17日

不全力投球

チカラいっぱい。


とても耳障りのいいコトバだ。


『一日一日を、なんでもいい、チカラいっぱい生きたらいいんだ』


そんな事を言われる。


でも、私は疑問に思う。


丸一日なにも考えないで、チカラいっぱい生きることと、
丸一日なにも考えないで、どうにか24時間やり過ごすのと、
いったいどう違うんだろう。


ニンゲン、何事も価値があると思ってやらなければ壊れてしまう。
少なくとも自分には意味のあることとして、非生産的な行為に
一日を費やすこと。
これもチカラいっぱい生きていることになるのだろうか。


いったいあと、人生が何時間残っているのか判らないけれども、
その時間をチカラいっぱい、やり過ごしてみようと思う。
posted by ゆーすけ at 20:23| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月11日

The Winter's Tale


酸っぱいキムチを美味しく食べたい!!

これはどこの家庭でもよくある声ですね。

『ママー、このキムチ酸っぱいけど、美味しく食べれないかなぁ』

ちっちゃいお子さんが、家族の団欒中によく言うワガママの
ひとつです。
これにはママもパパも苦笑い。

何とかならないかなぁ?教えてよパーマン。

そんな正しいニッポンの食卓に、ついに解答がもたらされました。


こんばんは、ヨハンです。
今回は、『とてつもなく酸っぱいキムチを、美味しく食べるレシピ』を
ご紹介致しましょう。
タイトルは・・・そう、『冬の夜話』、とでも申しましょうか。


【冬の夜話】(2人前)
悪夢のように酸っぱいキムチ・・・400グラム
鶏の砂ずり・・・6〜8切れ
もやし・・・1袋
たまねぎ・・・半個
にんじん・・・半個
しその葉・・・5枚以上
卵・・・3個
中華麺・・・2玉

オタフクソース・・・適量
塩・こしょう・・・適量
ごま油・・・適量


(1)
まず、フライパンに薄く油をひきます。
軽く塩こしょうで下味をつけた砂ずりと、小さめに切った
にんじんを炒めます。
にんじんに火がとおったかな?くらいでOK。
すかさず悪夢キムチを全部投入します。

(2)
悪夢キムチがちょっと温まったくらいで、シソの葉を細かく刻んで
キムチと和えるように炒めます。
このシソは彩りでも味のアクセントでもありません。
悪夢キムチの酸味をゴマカすために入れる、と認識してください。

(3)
全体的に火がとおったかな、というあたりで、溶き卵を1個分投入
してください。できるだけ鍋肌に触れないように、悪夢キムチと
和えるように注いでください。
この卵は彩りでも味のアクセントでもありません。
悪夢キムチの酸味をボヤカすために入れる、と認識してください。

(4)
卵に薄く火が通った状態(少し白っぽくなる)でOKです。
すぐにもやしとたまねぎを入れてください。このタイミングが遅れると
卵が焦げるので注意。

(5)
もやしから出た水が泡を吹いたくらいで、ごま油を適量(小さじ1杯で十分)
入れ、さらに中華麺をよくほぐして入れてください。
麺が温まったら、溶き卵2個とオタフクソースをかけ入れ、塩コショウで
味を調えてください。


さぁ、これで出来上がりです。
・・え?ヤキソバ?・・・違います。これは紛れも無い【冬の夜話】です。

『わぁ、ママ美味しいよ!これで明日はホームランだね!』

そんな子供たちの声が聞こえてくるようです。
さぁ、今宵はもうお眠りなさい。
ディモールト。ディモールト・ベネ・・・
posted by ゆーすけ at 10:37| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月13日

年の瀬だというのに

地雷を踏んでしまった。

winfixer、sidefind、avenue a inc.のスパイウェア波状攻撃。
アヤシゲなソフトは使っていないのだが、いったい
どこから・・・???

と思ったら、ナニヤラこういうアドウェアだのフォイストウェアだのを
一気に掻き集めて勝手にDLしちまうソフトがインスコされてしまった
らしい。

仕事柄、海外のサイトはほぼ常に巡回しているのだが、そのへんで
地雷を踏んでしまったかもシレーヌ。

ペストスキャンたらスパイボットたらの絨毯爆撃でかなり駆逐した
けど、それでもwinfixerだけはど〜〜〜〜しても根強く残ってる。
なんなんだコイツは??癒着政治家みたいなヤロウだ。

ウイルスバスターでは検知できないし、セーフモードのhackThis
でも拾えないんだからもう手に負えない。┐( -"-)┌
レジストリに喰い込んでる率が200%になってきた。
芥川龍之介の【虻】みたいなヤロウだ。

キーをいっこずつ見ていって握りつぶすしかないかなぁ。
しかしそんなヒマがあったらテイルズオブレジェンディアをクリア
したいので、仕方ない。

winfixerと一緒に年を越すとしよう。ヤレヤレ


ヽ(д` )ノヽ(´д`)ノヽ(´д)ノ  ヽ(д` )ノヽ(´д)ノ  ヽ(д` )ノヽ(´д`)ノヽ(´д)ノ
posted by ゆーすけ at 10:14| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月30日

恋愛バトン act.2

フホム・・(微笑と溜め息)

さやかから再び、愛情と悪戯心が半々に詰まったバトンが
まわってきました。
逆襲の準備を整えながら、受け取ります。


■恋人に浮気されたらどーする?許せる??

う〜ん、無理だろうなぁ。
私にとっての“浮気のハンチュー”は、ズバリ“行為”
なので、そこまでは許せるけど。越えてもたらアウチ。


■素直な人って可愛いよね。

可愛いねぃ。
尊敬するほどに。あたしゃあ三度転生しても無理だ・・


■年上・年下どのくらいの範囲までオッケ?

年々変化してるなぁ。
まぁでも、下はハタチから上はオカンより年下なら。


■反対に100年の恋も冷める瞬間は?

想像ツカンなぁ。私が真剣に生きていない証拠??ゲフッ


■こんな人には絶対惚れません!!

属性がmaleでなければ大丈夫。


■恋人にはこんな曲歌ってほしいなってある?

・・・キネヅカの影響で、他人の歌に技術以外でココロ
動かされることはモハヤありません・・・。
逆に『平井堅うたって〜♪』とか言われるとヒく。


■誰かが自分のために歌ってくれた思い出の曲

大塚愛タンが私のために歌ってくれた『黒毛和牛上塩タン焼680円』。
・・・ええ、脳内の話ですよ。うっさい。おまえらうっさい。


■今まで何回くらい告られた?

ええっと・・・マジで??NGも含めて??
えええっと・・・両手の指を何回か往復します・・・
・・自分で書いてて吐きそうだ。


■どうしても今すぐ会いたい!!どうする?

とりあえずプレステの電源オン。
三国無双を1時間もやればアラ、スッキリ。


■遠距離恋愛したことある?

あります。広島⇔東京。これは無理だ。


■今まで好きな人に言われて1番嬉しかったことは?

『ヨシモト行けばいいのに!』


■告白されて、今まで振ったことは何回?

約半分くらいです。


■振られた回数は?

ええっと?いくぞ?
いち、にい・・六回です。


■けど恋愛の駆け引きは楽しいよね?

禿同


■好きでもない人に迫られたらどうする?

見抜く。
カーネル大佐もビックリするほど見抜く。


■プロポーズされたことある?

あるよ。そんなトシなんだなぁ、アタシ・・


■いつ?誰に???

いつか笑える日が来るさ。


■台詞とかって覚えてる?

そ・・・それは許してクレ。


■そのプロポーズは受けたの?

キアヌ並みにストレッチ回避しました。
まだまだまだ人生ルーキー気分なアタシ。


■恋人への許容範囲は?

広いです。広島市民球場でいうと3万個ぶん。
男友達と二人で遊びに行ってもOK。
しっかり世界を広げて、面白いハナシを持って帰って
聞かせてほしい。ただしウソはNG。


■言われて「キュン」とする言葉

『松竹より、ヨシモト向きだよね』


■次に回す人

ゆみの復帰が待たれるが、そうもいかないので
新しい虐待バトンを仕入れて、さやかに投下するとしよう。


:-<
posted by ゆーすけ at 10:38| 大阪 ☀| Comment(3) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月21日

恋愛バトーソ

永年の友人さやかから、モノスゴイ剛速球で渡されたバトンを
攻略してみよう。


【1】恋人は?

 恋人であり、相棒であり、教師であり生徒でもあるヒトがいます。
 愛の伝道師ここにあり


【2】今までに一目ぼれした事はありますか

 ありますが、成就したことはありませぬ。
 最近では、時東あみに一目惚れしますた。なにか?


【3】恋人に求める条件を3つ挙げて下さい。

 ・笑いのツボが同じひと。
 ・私のギャグで笑ってくれるひと。(3回に1回は爆笑モトム)
 ・自分がタデクウ虫である、という事実に気付かないひと・・
  

【4】今まで付き合った人は、好きなタイプと一致しましたか?

 タイプはコクコクと変化していってるので、一致したことは
 ないけど無差別爆撃もありません。


【5】自分から告白はしますか?それとも待ちますか?

 基本的には待ちます。 
 んで来そうに無いな、と判断したら退路を塞いでから
攻めます。


【6】結婚願望はありますか?

 ないです。
 ゼロです。
 でも世間体と親のキモチを考えると、太宰のように
 アタマを掻きムシる日々。


【7】失恋した時はどう対処しますか?

 キゴコロの知れた仲間に電話して他愛もない話に
 つきあってもらいます。
 レギュラーメンバーは『ゆみ』『さやか』『やすひろ』『みさ』『もえ』。
 芸人大學マンセー


【8】今現在の自分の恋愛を表す曲は?

 むずいよ・・
 ヴェルディの『レクイエム』w


【9】次にまわす5人指名どうぞ。

 ゆみ。
 はやくPC復帰してこのバトソを受けてくれぃ!


(ノ ゚ρ゚)ノ ┫:・'.::・┻┻:・'.::
posted by ゆーすけ at 11:53| 大阪 ☀| Comment(1) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月18日

ニュー超人

  _ _
 {dp} < ヤメチョケ
 ` ~

私のデザインした超人、『ザ・広島焼』。
趣味はハイキング。

どう?
posted by ゆーすけ at 17:18| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月17日

つれづれなるままに

蔑称、というのがある。


私がよく行く西中島のとある美容院の店長は、
『床屋』と言われるのを極端に嫌うそうだ。

親しみをこめて下町のオヤヂたちは呼ぶのだろうが
(美容院にオヤヂはこねェか・・・)
床屋さ〜ん、みたいに呼ばれるとガチン!!!!と
くるらしい。


もちろんそのひとの年代とか、立場とか、信念とか
いろんな要素がフクザツに絡まっての想いなのは
間違いないけど、美容師と床屋の間にそんなに深い
ミゾがあるというのはナントナク理解できる。


例えばタクシーの運転手で、『運ちゃん』と呼ばれるのを
極端に嫌うヒトも確かにいてる。
若い運転手ほど、余計嫌うような気がする。
このモノサシは非常にビミョーなシロモノで、それだけに
とても厄介である。
ほんの少しのボタンの掛け違いかもしれないのに、親しみから
嫌悪感に180度変わってしまうのだ。


私は自他共に認めるヘヴィメタルバカだが、『ヘビメタのひと』
と呼ばれるのは確かに嫌悪感がある。


ラッパ吹き、モノ書き、絵描き、トビ、メシ炊き、電卓打ち、
電話番、アブラ売り、旗モチ、フトンあげ・・・



そうそう、もういっこあるな。



『サラリーマン』。



甘んじて受け止めよう。

posted by ゆーすけ at 10:59| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月14日

いっとこか・・

チャレンジしてきます。
報告は、後日。

生きて、帰れたら・・・

kat.jpg

posted by ゆーすけ at 12:46| 大阪 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月12日

BASARA

買っちゃいました。
とうとう、買っちゃいました。
ナニってあーた、


戦国BASARA


でスよ。



もともと無双シリーズは全部攻略しっちゃってるワタシ。

似たようなジェネリックゲーだしなあ。
高橋英樹もニッコリだよなあ。と造う評価しかなかったのだが・・

いろいろサイトをチェックしているうちに、バカゲーのニオイが
フンプンと漂ってまいった。


愛すべきはバカゲー。


思い起こせばどこから始まるだろう。

『たけしの挑戦状』
『暴れん坊天狗』
『所さんのまもるもせめるも』
『カケフ君のジャンプ天国スピード地獄』
『モータルコンバット』


出るわ出るわ。

注釈をいれておくと、バカゲは必ずしもクソゲでわない。
『たけしの挑戦状』など、【宝の地図を水につけてリアル2時間待機】
という豪気なフラグも大好きだ。


さて、問題の戦国BASARA。
アツイね。


なんたって、伊達政宗が軍勢を率いて『Are You Ready , Guys!?』
ほんで配下の足軽が『Yeahhhh!』ですよ、旦那。

メリケン産のバカサムライゲーみたいなノリですな。
独眼竜を愛してやまないワタシですが、このノリはイイぞう。


モビルスーツ全開の本多『ホンダム』忠勝も熱い。
不二子ちゃんバリの2丁拳銃・お濃もいいねえ。


ヤバイぞコーエー。
カラッカラの猛将伝なんぞ出してる場合か??

呂布より剛毅なキャラだすしかないぞ、コレわ。


いけ!!思い切れ!!!


『項羽』



『魯智深』


トドメわ、


『闇夜ニ血ニ狂フ呂布』



ゼッタイ出そう・・

(ノllllll´ο)ノ オオオオォォォォォォ−!
posted by ゆーすけ at 11:12| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月27日

さいきんわ


mixiにハマってます。

いわゆるソーシャルネットワーキングはコレが初めてじゃ
ないねんけど、前にやってたヤツってば、なっかなか
トモダチできなくって・・・(-_-;)

んで、最近ツレに招待してもらったmixiは、さすが
greeとならんで超マンモスサイトなだけあり、バンバン
足跡ペタリやコメが入ってくるので楽しい!!ッス!!

そして、私の母校である大阪芸術大学のコミュもあり、
なななななんと懐かすィ!!という面々とも巡り合え
まつた!!


(~д~) オーミオバンビーーノ


バソバソとトモダチの輪を広げたい欲求がでまくり。
キョーミあるヒトはコメってください。


さやか!!来るかい!?



(*゚ノO゚)<オオオオォォォォォォォーーーーーイ!   "а( ̄▽ ̄*) チョイチョイ...
posted by ゆーすけ at 12:24| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月13日

戦国自衛隊1549.

と、いうわけで。


戦国自衛隊1549を観てまいった。




ヤバイ。さぶい。


ばっらばらの時代考証。
ツッコミどころ満載の演出。
嶋大輔の爆裂ダイコンぶり。


う〜〜〜む。


基本的に映画マニアでもなんでもないワタシ。
人三倍は映画の評価には甘いのだが・・・。


それにしてもコレはやばい。



・・や、俳優陣の健闘はスゴイ。それはホンマ。

鹿賀の鬼気迫る表情。
進藤先生江口の男っぷり。
鈴木京香の練達した立ち振る舞い。


そして何より、北村一輝!!



ワタシはカレの存在は全く知らなかったのだが、その
堂々たる存在感とヒトキワ輝く個性にシテヤラレた。


役どころとしては、鹿賀と入れ替わりに現代にトバされた
戦国武者なのだが・・
初登場がすごい。


開襟シャツに黒ピチパンというバーテンダーのような服装で、
マゲを揺らしながら『お初にお目にかかる』とモノノフ言葉を
吐くのだ。



・・冷静に考えてみてほしい。


生半可な俳優では、この絶対的オモシロ場面は
失笑必至だ。
しかし場面は緊迫しているシチュエーションなのだ。


この飛車角落ちのブラジル戦なみに高いハードルを、
北村氏は堂々と越えていった!


・・息を呑んだね。
なんなんだコイツわ!と渡辺上総ノ介以来の
衝撃であった。


・・しかあし。


名優・奇優が揃ってはいても・・。あの強引なストーリーは
ヤパーリしんどい。
美味しい泣かせどころの役に居た嶋大輔のヘタっぷりにも
呆れた・・・。泣きたかったのに。m(*TДT*)m


まあでも、馬と鎧武者の大群ってのはいいねえ。
映画マニアではないが、超戦国オタクのゆーすけであった。



フッヽ(ω` )ノヽ(´ω`)ノヽ(´ω)ノ フッ
posted by ゆーすけ at 15:54| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月12日

美容院に逝きたく。

日々、忙しい。


『忙しいなんて、イイワケよ!ホントに逢いたいなら、
時間なんて幾らでも作れる筈よ!』



などと言われても、忙しいんだから仕方がない。

よって、美容院に逝きたいにも関わらず、はや2ヶ月は行けて
いない。イヤハヤ。


私はもともとドギツイ天パなので、ベストとしては月イチで
縮毛矯正をするべしなのだ。

ましてこの梅雨ドキよ。
ジメジメジメっとした気温で、私の前髪も前衛的なカーブを
描き始めた。悪いキザシ。


ま、クセッ毛ってのはもともと少々長いくらいのほうが、
ブローしやすいし取り返しが効く。
なのでワタシはモッパラ長髪なのだ。山田孝之バリに


・・・だが、クセッ毛ぶりはチビノリダーアダルト状態
電車男、いいね。話はもう飽きたけど、伊藤美咲&サトエリとゆう、
二大アフロディーテが贅沢ね。癒される金曜日。


・・・閑話休題。


そう。髪が伸びてきた。
テーマはズバリ!堂本ピカイチである。ウヒョ。





しかーし。

毎夜毎夜、鏡を見るたびにピカイチが遠くなる気がする。

これわ・・・・そう。


灘儀武だ。


【写真中央】



不本意だ。実に不本意。


・・・でも、ちょっとオイシイ。



(゚Д゚)r鹵~<巛巛巛(犬´Д`)(豚´Д`)(魚´Д`)(烏´Д`) 動物駆除
posted by ゆーすけ at 11:13| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月27日

四神の拳。

ずいぶーんと間が空いてしまった。
左端のカレンダーの反転してる部分が痛ましい。


さて、現在のマイブーーム。
いま私は『中国ケンポー』に凝っておる。


観るのははるか昔、ジャッキー・チェンの蛇鶴八拳や
笑拳、五獣の拳といったオマニ映画を好んでみていたが、
ここ一年の私は道場に直接鍛錬に行っているのだった。



そこで、各人の格闘スタイルに合わせて、みんな4つに
カテゴライズされるのさ。
ウチの流派に限ったカテゴリだと思うのだけど、所謂
四神になぞらえてあって・・



一撃必殺の攻撃派、青龍。

軽快なスピード重視の、白虎。

跳躍をはじめアクロバティックなスタイル、鳳凰。

頭脳派で知的な格闘、玄武。



使い方としては、『オレってば白虎だから、この
直線の重いパンチ練習がニガテなんだよねー』
みたいな感じである。


・・・熱いでしょ???(爆笑)



かくいうワタクシゆーすけはズバリ、


青龍らしい。(撃沈



RPGの初期パラ振り分けでも、スタミナや防御力を
全ムシで全てのボーナスポイントを攻撃力に振り分ける
ワタシ。おお当たってる!!!


・・
と・こ・ろ・が。


この四神カテゴライズ、実は裏パラメータがありますねん。


鳳凰はスタイルよくて容姿端麗だが天然、とか。
玄武はズルがしこくて顔は笑ってても腹黒い、とか。


コレ、かなり当たってるんスよ。


悲惨なのは白虎。



ズバリ、体臭がキツイ。




女の子で白虎って言われたら、ちょっと悲しすぎる。。
まさに、黒動物占い


『フットワーク軽いね、蹴りも鋭いね。クサイけど


・・・とこうなるのよ??舌噛まないでよ!!


ちなみに青龍は、セックスの時に間接照明を使って
ムードを盛り上げるタイプ・・・らしい。ほっとけ



(^┬ ┬^=)~ヤニャヤニャ~(=^┬ ┬^)
posted by ゆーすけ at 11:30| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月31日

はきゅーん☆ケンコバってオモロイよね。

遂に。

行ってきました【5.26うめだ花月】。


ネタはバッファロー吾郎、たむらけんじ、ブラマヨ、
シンクタンク、メッセンジャー、コンマニセンチ。
芝居がケンコバ、サバンナ、及川奈央タン。


超豪華すぎる。


マニアック芸人として、現時点で最強と俺がリスペクト
するバッファロー&ケンコバが観れる!!





しかも隠れ実力ナンバーワン!と個人的に大プッシュの
ブラマヨと、“ボクの怪獣”がツボに嵌まったサバンナ。




・・・あげく奈央タン。


これが一夜にして総ざらいできる夜。まさにミラクルだ。


ネタに関して言及することは一切無い。
このメンツで面白くなかろうハズもない。


それよりか。
生奈央タンを観れたってのがスゲエ。(-_-;)


そう。
奈央タンはテレビにやたら出ている昨今だが、くりいむ有田
関連でよく紋舞らんも見かけるようになった。


松浦あや云々というキャッチが多いが、どうみても
はしのえみ似であることは深くツッコまずにおく。



それよりナニより、こないだ『くりいむナントカ』に
でていた『きこうでんみさ』という女の子にクギヅケに
された。


凄まじいキャラ立ちっぷり!!
気恥ずかしすぎて、ピュアな私では直視できなかった。


うっかりググッてみると、まあ出るわ出るわ。
アキバ系やら2ちゃん系やらザックザクだわ。


そんな中、カメラマン西川和久氏のサイトで
グラビアを飾るきこうでん女史を見つけてしまった。


・・・
・・



ウウム。



やはりプロか。



日テレジェニック直後の福井裕佳梨−全盛期の若杉南
ポーズの角度は武道館辺りの大野幹代、といった
ところだろうか。


ウーム。



よし。



スルー決定。



見なかったことにしよう。




ヤレヤレ┐(´ー`)┌ (┐´ー) ┐(   )┌ (ー`┌) ┐(´ー`)┌ヤレヤレ
posted by ゆーすけ at 14:14| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月23日

『真夜中の弥次さん喜多さん』にゴッポリ。

今日はカンクロウです。


傀儡でケリつけてやるじゃん!
山椒魚!!


・・

ではありません。宮藤官九郎のほうです。


行ってまいりましたよ。
『真夜中の弥次さん喜多さん』。

超豪華キャストてんこもりにも関わらず、
まさかまさかの1日2公演。

上映映画館もスクナーで、しっかりとコア映画の扱い。

いいね、シベリア超特急以来の感覚だ。



全編コレ『しりあがり寿』。
一目でワカル、大暴れストーリーである。



もう5年以上前かな。パパパパパフィで由美ちゃんが
絶賛したコトで話題になったヒゲのOL薮内笹子


オイラもシッカリとパフィに感化されて買いましたよ。
亜美派だけど


んで買ったはいいが、その強烈な縦横無尽ブリの展開に
ついていけず、一読でお蔵イリにしてしまった苦い思い出。
そのときに改めて誓ったさ。アタシは亜美派だと。




そして05、まさかの邂逅。しりあがりサン。
テイストはあのまま。小気味良いほどの破天荒。オヤビン!


ネタバレ注意なので、ギャグの内容言いたいけどガマン・・
でも、キャストは公式ページに載ってるからいいのかな。




とにかく豪勢!しょっぱなから“アニキ”こと寺島進もガッチリ
登場!!真下、金持ち兄弟と併せてまさに快進撃。




そしてカオルちゃん竹内力アニイよ。
銀ちゃんファンは涙で明日が見えなくなるほど感動できるぞ。


tr.jpg



サダヲや古田新太は文句なくオモシロイし、あきれるほど
全編で肩のチカラを必要としない。これぞカンクロウでアルか。


長瀬&七ノ助もなかなか良かったけど、ワタシとしては



阿部寛&獅童で観たい。



どーですかみなさん!?観たいでしょう!?
posted by ゆーすけ at 15:17| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月18日

真下正義でグーン。

ガガッガッ ガガガッ ガガガグーーン♪♪


↑↑室井さんが来た♪


・・みたいな。

はい。行ってまいりました、真下正義。
邦画は劇場にいかねえ、がモットーのワタクシですが、踊る
シリーズだけは例外でアル。
今回はスピンオフとゆうことで、半分期待、半分ヤバイ?と
思いつつ・・・鑑賞。


おおお!


オモシロイやんけ!!


正直、サンタマリアの演技にはゼーンゼン期待しておりません。
サンタマリアに悪意はありません。オモシロイとすら思います。

し・・しかしですね・・。
私のステージネームが『ゆーすけ』なので、よくお客さんに
メンバー紹介のあと『サンタマーリアー』
言われたり、ラジオに出させてもらったトキも『ゆーすけです』
と言ったらやっぱり『サンタマーリアー』
アシのヒトにイジられたり、個人的にコンプレックスです。
サンタマリアさんよう。


・・・閑話休題。


今回のイチバンの懸念。全ての踊るファンの心配。


それはそう、和久さんの存在でアル。



青島クンやスミレさんが出ないから、今回は和久さんの必要性は
ないものの、今後どうやって和久さんの巨大な穴を埋めていく
のか・・・。



この問題に明るい兆しをかざしてくれたのが、木島さんでアル!


木島丈一郎、べらんめえ江戸っ子デカ。
演ずるは北野ムービーでオナジミの超個性派、寺島進さん♪


はっきりいって、全編に至って木島さんにクギヅケですよ。
もーサイコウです。木島さんを見たいがために、もっかい観に
くるつもりだ。


すぐバカヤロウ!と叫んだり、室井ィ!草壁ェ!とトップどころを
呼び捨てにしたり、それでいて逆ギレされるとオロオロ・・
褒められるとウレシイ。おお、なんてキュートなんだ!


金持ち兄弟のアニこと寺島さんならでわ!の役どころ。
コレは真下2が出ても希望の光でスな!!

tera.jpg


さて、踊る3は実際ムズカしいにしろ・・当面は室井さんやね。
はてさてどうなるか・・



青島・・・約束は守れそうもない・・・



おお!もう既に漢に泣かされそうな予感!!


スピンオフっていいよなあ。

スコーピオンキングはもひとつだったが。


スミレさんもスピンオフないかなあ。


伊集院光と決着をつけるストーリーで。

うおお観たい!!

コッチコイ( ̄ー ̄メ)~~~~~\(;ノT-T)ノユルシテー
posted by ゆーすけ at 11:35| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。