2005年04月26日

ヘビメタさんも3回目か。

うおう。

早くも今年度最強注目株という呼び声も(近所で)高い
ヘビメタさんも3回目。

今回はローリーがゲストなのね。
ウム。すばらしいチョイスだ。
ジス・イズ・グラムの体現者といえば、ローリーは
ハズせないな。

所見イロイロあるとは思う。
だがしかし、いわゆる海外の『ホンモノの』鋼鉄モノを
ニポーン人がやろうとおもったら、こうなるのが自然なのじゃ
ないだろうか。

セックスマシンガンズしかり、ローリーしかり。
カレらはギャグでやってるんじゃない。あれこそが正に
『直訳なロック』だと思う。最も健全なカタチ。

ニポーン人が、真顔で『エメラルドソード』唄えるか?
・・しょっぱくないスか?それって・・。ショボボーン

他のバンドを否定するつもりはさらさらナイので、
とりあえず彼らを肯定するにとどめよう。
私が自身でロックを体現しろ、となれば、100パーああなると
思う。あ、詳しく言えばロックを体現しつつ、それをコアな
ままでとどめずにワリとオモテにでて演れ、と言われた
場合ナリ。


すかんちのサウンドはま〜ったく聴いたことないねんけど、
でもアリだと思ってる。


今回はじめて、ローリーのギターを聞いたさ。



・・・うらやますぃ。



だってマーティとバトルっすよ。めっさうらやましいよ。
ウン。若干マーティが引き気味なのが気になったけど


エアバトルのカレ、ボディの高さといい腹筋といい、
縦弾きの横首フリといい、まんまザックなのね。
熊田曜子が『かっこいいからOK♪』と言っていたが、
なんのこたあない、オレもそう思う
あの腹筋なら脱ぐしかないよね。庄司バリにね


メタルスクール、今回はヨーロッパですか。
ってか、ヘビメタさんですか!?ヨーロッパは!?


・・・

・・



このフリは、


永遠の迷路になるから


やめよう。今のなし。



・・ええと。
・・そう。



熊田曜子サイコー♪(逃走)
posted by ゆーすけ at 18:55| 大阪 ☀| Comment(1) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ヘビメタ&ギタリスト&ギターの事はわかんないけどよぅ
庄司の体がヤバイのはわかるぞ〜。

かわいらしいお顔をしていらっしゃるのにあのお体。
脱いだ時のギャップに、おなごはマジックにかかるのかもしれないのですが
私はダメだ〜。あのむっちり感が…。
あれならもう、ガリっててくれた方がいいです。すいません。
そんな私は乙女要素薄いですか?なにやらとってもダメなような気もします。はい。

ヘビメタさんについての熱い熱い語りに対するコメントがこれでいいのかと思いますが、あまり脱力されませんように。
Posted by さやか at 2005年04月27日 04:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/3168172

この記事へのトラックバック

ヘビメタさん 第3回 2005/04/19
Excerpt: この番組は 1億3000万人の日本人に ヘビーメタルの魂をぶち込む テレビ史上初の ヘビメタ専門バラエティなのです 今週もやって来てくれましたヘビメタさんスーパーギターヒーロー マーティ・フリードマ..
Weblog: ヘビメタな音楽
Tracked: 2007-09-09 16:56
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。