2006年11月17日

喉が渇けば水を飲み 心が渇けばお茶を喫む

私は、わりとアタマを使う仕事をしている。
そして、決定的な特徴は『孤独』。
部下も上司も持たず、自分ひとりでひとつの仕事を進めていく。
売文家の末席を汚すというのは、そういうものらしい。

そうして毎秒溜まっていくストレスの解消法として、日に
2杯のコーヒーを淹れる事にしている。

淹れたてのコーヒーから薫ってくるミストには、ストレスを
やわらかく解すアロマ効果がある、といわれている。

ただし、豆から挽いたコーヒーの、それも一回目に淹れた
カップから漂ってくる一番最初の部分にだけ、含まれているらしい。
時間にすれば0.5秒くらいの勝負である。

なので、私は毎度ドリップの上に顔を寄せて、せ〜の!で
アロマを楽しんでいる。
いくぶんか、それでココロが和らいでいく気がするから。

ただし、コーヒーはそれなりの刺激物でもあるので、
1日2杯までを心がけているワケである。



・・しかし、昨日、今日と起こっているココロの渇きたるや
尋常じゃぁない。
ブチ当てようにも、がらぁんとした事務所には私と眼前の
ディスプレイから吐き出される文字列しか存在しない。

頼みの綱であるコーヒーのアロマも、既に今日の分のカードを
使い切ってしまった。



喉が渇けば水を飲み
心が渇けばお茶を喫む




茶道における名調子である。
フっと、この名調子が頭をよぎった。


そうだ、お茶という手がある。


私は事務所から近所にある、中国茶ショップに
繰り出した。
中国茶の中でも、私が特に大好きな茉莉花茶
(ジャスミン茶)を購入。

花弁が糸で括られた形の茶葉になっていて、
お湯をそそぐとフンワリと花弁が開き、茉莉花茶が
楽しめるという趣向だ。


いくぶんか、ココロが潤った。

砂漠に水を撒く行為だって、決して不毛でもないな。
水を撒こうという意思が私の脳髄に残っていたので、
それだけで少し安心した。
posted by ゆーすけ at 00:59| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。